読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nao-Segawa|ハンドメイドジュリー

ジュエリーの生まれる現場をノンフィクションでお届けいたします。東京23区の片隅にたたずみ、一人黙々と作っています。

2017年の目標と対策について

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

こんばんわ。ナオです。

あけまして、おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

皆さま年始年末の喧騒も徐々に落ち着いてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシはと申しますと、年末年始は帰省しており読書と食事とアルコールの3つで語れるような怠惰を貪っておりました。

なにせwifiも繋がらないので、することがないのです。というよりも年に数回しか会わない祖父母とあーでもないこーでもないと喋っている内にあっという間に帰る日になっていました。

そして、東京に帰ってから程よく日銭を稼ぎこの3連休は動画編集ソフトとにらめっこしています。

にらめっこして出来た動画がこちら。

それっぽく撮影してみました。

撮影:ワタクシ

編集:ワタクシ

出演:ワタクシのアイテム

パソコンデスクの片隅ですべて完了いたしました。昔じゃ考えられない気がします。

それと明日instaに投稿する予定ですが、この前制作したペンダントも簡単にですが動画を撮っています。

しかし、この動画の編集だけに連休をつかったわけではありません。

今年の目標にも繋がりますが、制作環境を整えていたのです。

どういう事かと申しますと、随分と前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

 

2017年の目標と対策

生産性の向上

これにつきます。

2016年にNao Segawa名義で制作したのは3アイテムになります。

うーむ少ない。少なすぎる。

 

01-深海きのこ-

備考:初めてのきのこモチーフ


02-花と鉄骨の一輪-

備考:コンテストに応募してみた。

 

03-アラベスク・RDペンダント-

備考:制作過程を動画で撮影

 

これを2017年は、なんとか増やしていきたいと考えています。

少なかった原因ははっきりしており、ワタクシのやる気そもそも動画編集ソフトの基本的な操作も、よくわかっていなかったので手間取りました。

また画像編集は多少知識があったものの、instagramなどのアプリに対して非効率的な作業を含んでおり改善の余地があるように感じます。

さらに、先日の更新にも何度か記述しましたが主な投稿先であるInstagramにて、動画投稿の不具合があり更新が滞りました。

こういった事態に対して回避策を持っておかないと、にっちもさっちもいかなくなる事があるとわかり勉強になりました。

対策としましては、画像も動画も手持ちのソフト内で編集を完結させInstagramには投稿のみを行うという方針でトラブルを避けていく所存であります。

 つまるところ、今までは

撮影→パソコン編集→スマホに転送→Instagamで加工→パソコンに転送→ブログに貼り付け

だったのが、

撮影→パソコン編集→スマホに転送とブログに貼り付け

で完結することとなり、大幅な時間短縮となる予定です。

浮いた時間を使って新しいアイテムに取り掛かった方が生産的だし楽しいです。

一番の時間短縮は編集しないという超必殺技ですが、撮影時の腕前を鑑みるに不可能かと思われます。

来世にご期待あれ。

 

この編集関係以外には、9月からこのブログを始めまして、そのカスタムに最初は時間を取られました。しかし、これは一度行えばトラブルや大幅な変更がなければ今後はさほど問題にはならないはずです。

 

ちなみに2016年の更新頻度としては

Instagram:48回 (月に4回)

ブログ(9月~):32回(月に8回)

となっております。

今年もペースを落とさず続けていきたいです。

えっ?Twitterはどうしたって?いや、ね。忘れてませんよ。

スマホも新しく換えたしガンガンやっていきますよ。うん、たぶん。

 

 生産性を上げて浮いた時間をどこに注ぐのか

さて、上記以外でもこまごま無駄な作業を省く試みをしていますが、それで浮いた余力をどこに注ぎたいかも書いておきます。書かせてください。

むしろこっちが主題です。

イベントに出してみたい。

なんか楽しそうじゃないですか。

パーリーピーポーになりたいじゃないですが。

サタデーナイトフィーバーしましょうよ。

うそです。人見知りなので、家のコタツでこぶ茶を啜っていたいです。

 

とは言ったものの、私は現在のところウェブ上でしか存在していない骨ですが、実際に手に取って初めて伝わる価値というものを決して軽んじてはおりませぬ。それと同じくらいにウェブ上でのコミュニケーションの価値を信じていますが。

もっと単純に申し上げますと、(イベントの) 締め切りがあると火事場の馬鹿力がでますよね。「平穏な生活の中での生産性」なんて言葉を吹っ飛ばすほどのポテンシャルが締め切りにはあります。

ですので、「イベントに出る=生産する量が強制的に上がる」という解釈です。

ずっとやっていたら体を壊しますが、荒療治としては試す価値はあるのかなと。

 

アイテムを増やす

先述しました通り、ワタクシはウェブ上でしか存在していない骨ですので、もちろんイベントなどで出品するアイテムも今まで公開してきたものしかありません。

具体的に申し上げますと、

ペンダント3点

リング2点

ピアス1点

となります。

きょうび合計6点で実際のイベントに参加するのは狂気の沙汰です。ウェブ上でもあまりいないです。

しかも、そのうちリング1点は今日の動画の「花と鉄骨の一輪」なので実際は非売品です。

ですので何をするにもアイテムを増やさなければ現実味を帯びません。 

 

大切な事はなにか

ここまで話をしていてなんですが、実はイベントに出すこともアイテムを増やすことも、それ自体が一番大事なことではありません。あくまで目的に向かう手段として大切な事という位置付けです。

私が一番大切にしたいことはアプローチの方法です。

従来、「ジュエリーが好きな人」 というのはジュエリーを身に着けることに興味がありました。

しかしながら、私はジュエリーを作る事が好きで興味があり、この部分も皆さまと共有していけたらと考えています。

「セガワ ナオのジュエリー」を身に着ける時に、どういう思考と過程を経てこのジュエリーが生まれたか。

そういった楽しみ方をできるジュエリーがあっても良いのではないかと思うのです。

 

 末筆となりますが、2017年はジュエリーが作られて身に付けられて、その一連の流れを私なりに面白おかしくお届けできたらと考えております。

新しい価値観を、というにはまだまだ力不足ですが精進して参ります。

本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

ご静聴ありがとうございました。